e-fastener.jp のトップへ



スタッド、ファスナーなど消耗品関連の情報





システム系商品のご案内


潟ーロテックのご案内






スタッドとファスナーは直販しております


フォームメールでご連絡


サイト内検索

TOPに戻る

2.不具合解決方法

1. 板金製品におけるスタッド溶接工法が抱えた問題点

スタッド溶接工法とは

スタッド 溶接ようせつ は、ねじ類を 鋼板こうはん 、ステンレス 鋼板こうはん 、アルミ いた に溶接する 工法こうほう です。  溶接スタッド(単にスタッドと呼ばれる事も多い)の材質も主に鉄、ステンレス、アルミで、 接合部せつごうぶ と “おねじ” もしくは “めねじ” で構成されています。

驚くべきは、その溶接に要する時間です。  ガン(ピストルとも言う)の先にスタッドを取り付けて、溶接したい位置の上に置き、 トリガーを引くだけ。 まるで拳銃みたいに“パン”という音がすると、 既に溶接が終わっています。

極めて生産性が高く、溶接であるために 接合部せつごうぶ強度きょうど も高いので、 金属製品において板にねじを取り付けたい時の主役的な 工法こうほう となっています。

しかし、このスタッド 溶接工法ようせつこうほう には問題点があります。 それは信頼性です。  実際、スタッド溶接を行っている板金屋さんなどでは、 一見、正しく溶接されたように見えたスタッドが、 ねじを締めつけたりした時に、ポロっと取れてしまうという事が発生しています。  スタッド溶接機のメーカーは、全て条件管理のミスが原因であると言います。 

具体的な問題点

設計者の目線で考えると、スタッド 溶接工法ようせつこうほう を用いようとした場合、 直ぐに下記の様な問題点に直面します。

 1. 個々の金属部品の中でスタッド溶接が可能な位置と不可能な位置 が存在。
 2. 板金屋にスタッド溶接の可/不可を聞いても 板金屋毎に答えが異なる
 3. スタッド溶接部品の明確な検査方法が無い。(全部 破壊検査はかいけんさ )
 4. ほとんどの板金屋には溶接に関する知識が無く、溶接条件管理が無理
 5. 不具合原因が常にはっきりしない

こんな状況では、 スタッド溶接工法を用いるのは間違い だと言っても過言ではないでしょう。  こんな状況にも関わらず、そこそこスタッド溶接工法が普及している事が不思議なくらいです。  その理由は、信頼性を除外して考えた時、 スタッド溶接工法が 強度きょうど と生産性において極めて優れた 工法こうほう であるからに他なりません。

当然の事ながらスタッド溶接工法は、 本来優れた工法であるにも関わらず普及に拍車が掛りませんでした。  他の工法に代用される事も多く、代用された事によって、 時間と手間が掛るというだけでなく、 沢山のねじを必要としたり、小型/軽量化の障害となり、 部品点数を増やす事も減らす事も出来なくなっています。  あらゆる面で、これは非常に 残念 な事です。

信頼性が低い本当の理由

ところで、何故、スタッド溶接工法は信頼性が低いのでしょうか?
メーカーの言う通り、条件管理のミスが主たる原因なのでしょうか?
その答えは NO です。
確かに条件管理にミスをすれば不具合が発生します。  しかし、それは他の全ての加工方法においても同じ事です。  条件管理のミスならば、他の加工方法と同じく日本人が得意とする、 コンピュータ管理、指差し確認、チェックリスト、ダプルチェックなどを用い解決できるはず。

しかし、現実には、これらの事を行って条件設定のミスなどが無くなっても、 スタッド 溶接工法ようせつこうほう は他の工法よりも遥かに多くの不具合が発生します。
その理由は磁気吹きじきぶきです。

潟ーロテックは、日本で唯一、 “ 磁気吹きじきぶき ”の無い画期的なスタッド 溶接工法ようせつこうほう を提案しています。  また、“ 磁気吹きじきぶき ”が無くなる事で、スタッド溶接が潜在的に抱えた問題点は一掃され、 アプリケーションが何倍、何十倍に増える事になります。  このページで述べられている事は、よくある過大な商品宣伝ではなく工学的な根拠に基づく事実です。

多くの設計者の皆さんにとって “ 磁気吹きじきぶき ”というのは聞き慣れない言葉であるはずです。  新しい画期的な工法を説明する前に“ 磁気吹きじきぶき ”について理解を深める事から始めたいと思います。

スタッド溶接最新情報



概論

1. スタッド 溶接工法ようせつこうほう が抱えた問題点
  このページ。 スタッド溶接とは何かを説明し、問題点を整理します。

2. スタッド溶接の不具合解決方法
  スタッド溶接で問題となる主な不具合と対策について解り易く解説

3. 磁気吹きとは
  スタッド溶接最大の問題である磁気吹きじきぶきとは何かを解り易く解説

4. 磁気吹きは常に発生している
  磁気吹きじきぶき対策の現状と解決の難しさを解説

5. 磁気吹きの従来対策
  磁気吹きじきぶきを抑えるために板金屋さんたちが行っている対策

6. スタッド・チェッカー
  磁気吹きじきぶきが発生した事を知るための方法はスタッド・チェッカーしかない。

7. 設計への影響
  磁気吹きじきぶきが板金設計に与えている大きな影響について解説


新技術 SRM

8. SRMスタッド溶接
   磁界じかい リング式(SRM)スタッド溶接とは、どんな工法なのか?

9. 溶接姿勢
   磁界じかい リング式(SRM)スタッド溶接は、どんな 溶接姿勢ようせつしせい にも対応可能

10. アース問題の解決
  クアースランプ位置問題も解決。スタッド 溶接工法ようせつこうほう の比較記事も掲載

11. 表面処理鋼板ひょうめんしょりこうはん への溶接
   表面処理鋼板ひょうめんしょりこうはん に対するスタッド溶接でも、良い結果が得られています。

12. 可能になる製品
   磁界じかい リング式(SRM)スタッド溶接で溶接可能になる形状

13. Q&A
   磁界じかい リング式(SRM)スタッド溶接のQ&A

14. ファスナとの関係
   磁界じかい リング式(SRM)スタッド溶接とクリンチング・ファスナーとの比較

15. まとめ


クリンチング・ファスナー普及委員会   CF普及委員会にMailを送る